緊急災害時の人命救助や物資輸送のため、
敷地内にはヘリコプター場外離発着場があります。

災害時には、大野市に協力し広域防災拠点として施設を運用します。

1.地域住民や道路利用者の一時避難場所とします。
2.災害情報をモニターなどで提供します。
3.自家発電装置によって、最低限の電力を確保します。
4.災害時にも使えるマンホールトイレを備えます。
5.災害時に賄う物資を備蓄します。
6.人命救助や物資輸送用ヘリコプター用の場外離発場を備えます。